kokokaオープンデイ

「kokokaオープンデイ」は、kokoka京都市国際交流会館と(公財)京都市国際交流協会の活動を広く知ってもらうため、毎年11月3日に開催しています(2004年~)。 全館を使用して、大勢のボランティアの協力を得ながら、子どもから大人まで国際交流に親しめる楽しいイベントとして盛り上げています。


プログラム例

  • ・京都市平和祈念事業
  • ・万国屋台村
  • ・グローバルステージ
  • ・スパイス・マーケット
  • ・団体活動紹介コーナー
  • ・世界の民族衣装体験
  • ・kokokaフリーマーケット
  • ・koko Café ~外国人と話そう 日本語と外国語で~
  • ・世界のあそび
  • ・koko kidsイベント
  • ・はじまり はじまり 紙芝居
  • ・世界歴史都市写真展
  • ・ココカレンダー プレゼント(育成会企画)


事業報告


パンフレット(PDF)

開催日時2019年11月3日(日・祝)10:00~16:00
開催場所kokoka京都市国際交流会館(京都市左京区粟田口鳥居町2-1)
来場者数約10,000人
協賛企業19社
ボランティア約380名
主催公益財団法人 京都市国際交流協会
協力一般社団法人 京都手をつなぐ育成会
後援京都市

「kokokaオープンデイ」にご来場いただき、ありがとうございました!


「kokokaオープンデイ」にご来場いただき、ありがとうございました!

「kokoka京都市国際交流会館 30周年」及び「京都・ボストン姉妹都市提携60周年」を記念した開催となった今年もお天気に恵まれて、爽やかな秋晴れの中、無事開催することができました。

「万国屋台村」の一角には「京都・ボストン姉妹都市提携60周年」を記念してアメリカブースが登場! アメリカのハンバーガーをはじめ、世界の料理を堪能しました。



「グローバルステージ」では、異国情緒たっぷりの伝統音楽や民族舞踊、大道芸チャンバラショーなどバラエティーに富んだステージ。お客さんも飛び入りで一緒に踊ったりと盛り上がりました。

今回初めてのコーナー「スパイス・マーケット」には、インドやスリランカ、インドネシアのスパイスのほか、ハーブや調味料も並びました。

「京都市平和祈念事業」では「東アジア文化都市交流事業」とタイアップし、お笑い芸人のチャド・マレーンさんの講演の他、日本・中国・韓国のアーティストによる華麗なステージパフォーマンスが披露されました。

人気の「民族衣装体験」では、大人も子どもも、カラフルできらびやかな衣装に袖を通して大変身!

「フリーマーケット」は最初の1時間は留学生・技能実習生限定のハッピーアワー。生活用品など両手に抱えてお買い物を楽しんでいました。

物品をご提供くださった方々、ありがとうございます!

「はじまり はじまり 紙芝居」では、世界のお話を英語や中国語で読み、子どもも大人も身を乗り出して聞き入っていました。

「koko Café ~外国人と話そう 日本語と外国語で~」では、日本語クラスで学ぶ外国人のみなさんがウェイター・ウェイトレスになり、お客さんとおしゃべり。

どのテーブルも色々なことばが飛び交い和気あいあいとお話が弾んでいました。日本語でのスピーチタイムでも、勉強の成果を発揮して堂々と話す様子が素敵でした。

子どもたちも「世界のあそび in kokoka」で留学生と一緒に遊んだり、「キッズ・フェスタ」で折り紙や射的をしたり、kokokaふうせんをもらったりと大忙し!



出会いと交流、そして異文化体験の一日を、お楽しみいただけたでしょうか!?

オープンデイの企画・運営に欠かせないのは、約380名のボランティアのみなさん。オープンデイが無事に実施できたのも、みなさんのおかげです!

朝の準備から夜の片づけまで、本当にありがとうございました。

当日の様子は、kokokaのFacebook、twitter、Instagramにも掲載しています。ぜひフォローしてくださいね。「いいね!」やシェアも、よろしくお願いします!

来年もまた「kokokaオープンデイ」でお待ちしています!