kokokaオープンデイ

「kokokaオープンデイ」は、kokoka京都市国際交流会館と(公財)京都市国際交流協会の活動を広く知ってもらうため、毎年11月3日に開催しています(2004年~)。 全館を使用して、大勢のボランティアの協力を得ながら、子どもから大人まで国際交流に親しめる楽しいイベントとして盛り上げています。

プログラム例

  • ・京都市平和祈念事業講演会
  • ・万国屋台村
  • ・グローバルステージ
  • ・日本語café
  • ・団体活動紹介コーナー
  • ・民族衣装体験
  • ・kokokaフリーマーケット
  • ・koko kidsイベント

事業報告


開催日時2018年11月3日(土・祝)10:00~16:00
開催場所kokoka京都市国際交流会館(京都市左京区粟田口鳥居町2-1)
来場者数約10,000人
協賛企業8社
ボランティア約350名
留学生募金8,120円
 

「kokokaオープンデイ」にご来場いただき、ありがとうございました! 今年もお天気に恵まれて、爽やかな秋晴れの中、無事開催することができました。

「世界文化自由都市宣言40周年」及び「京都・パリ友情盟約締結60周年」を記念した開催となった今年は、「万国屋台村」の一角にフランスブースが登場! ワインやクレープ、キッシュにタルトなど、本場の味に舌鼓をうちました。 「グローバルステージ」では、異国情緒たっぷりの伝統音楽や民族舞踊が競演。日本舞踊やチャンバラショーなど日本の演目にも、外国人の来場者のみなさんから大きな拍手をいただきました。

「京都市平和祈念事業」では「東アジア文化都市交流事業」とタイアップし、やなぎみわさんの講演の他、日本・中国・韓国のパフォーマーによる華麗なステージパフォーマンスが披露されました。 また、「キッズゲルニカ展」では、 世界各地の子どもたちが描いた大きな絵が壁面を飾りました。

人気の「民族衣装コーナー」では、大人も子どもも、男性も女性も、カラフルできらびやかな衣装に袖を通して大変身!「フリーマーケット」では開店前から長い行列ができました。「Karutaで遊ぼう!」では、迫力満点の競技カルタの デモンストレーションにお客さんもスタッフも目が釘付け!

「日本語Café」では、日本語を学ぶ外国人のみなさんがウェイター・ウェイトレスになり、勉強の成果を発揮してお客さんとのおしゃべりを楽しみました。子どもたちも「らくがきハウス」でお絵かきを楽しんだり、kokokaふうせんを もらったり、ミサンガやレジンアクセサリーを作ったりと大忙し!

出会いと交流、そして異文化体験の一日を、お楽しみいただけたでしょうか!?
オープンデイの企画・運営に欠かせないのは、約350名のボランティアのみなさん。オープンデイが無事に実施できたのも、みなさんのおかげです! 朝の準備から夜の片づけまで、本当にありがとうございました。

当日の様子は、kokokaのFacebook、twitter、Instagramにも掲載しています。ぜひフォローしてくださいね。「いいね!」やシェアも、よろしくお願いします!

来年もまた「kokokaオープンデイ」でお待ちしています!