協会のご案内

京都市国際交流協会について

運営方針



京都市国際交流協会とは?

公益財団法人京都市国際交流協会は、多文化・異文化を尊重しながら共生できる社会の構築を目指して事業を展開しています。 2006年度より、kokoka京都市国際交流会館の指定管理者となり、施設の管理・運営を行っています。

市民から愛され、信頼される協会を目指して

未来のあるべき協会の姿を考えるとき、私たちの活動は、さまざまな立場の人や団体とのつながりに支えられていることを、強く実感します。 人との出会いは新たなつながりをもたらし、賑わいはさらなる仲間を増やし、語らいは情報のネットワークを広げます。そのつながりが強く確実 なものであればあるほど、互いの関係はより強固なものとなります。 私たちは感謝とともに、多くの市民のみなさまに愛され、信頼される協会を築いていきたいと考えており、協会として、「なんのために、どんな 事業を、どのように実施し、どのような成果を目標とするか」をつねに自分たちに問いかけながら活動しています。


私たちが描く社会のすがた
(1) 誰もが社会の一員として、自分の意見や想いを自由に伝えあうことができる社会
(2) 誰もが世界の人とのつながりを実感できる社会

組織の沿革

  1. 1978年10月  京都市が「世界文化自由都市宣言」を発表する。
  2. 1989年 1月  財団法人京都市国際交流協会が設立される。
  3. 1989年 9月  京都市国際交流会館が開館。
  4. 1999年11月  設立10周年を機に「多文化・異文化を尊重しながら共生できる社会の構築」を
  5.                  事業のコンセプトとして策定する。
  6. 2003年 5月  コリアンサロン「めあり」が発足する。
  7. 2003年 5月  「世界のウキウキ^0^国際交流会館まつり」を開催する。
  8. 2003年 9月  「医療通訳派遣モデル事業」を開始する。
  9. 2004年10月  「国際理解プログラム(PICNIK)」を開始する。
  10. 2004年11月  「国際交流会館オープンデイ」第1回を開催する。以後、毎年の恒例事業となる。
  11. 2006年 4月  京都市国際交流会館の指定管理者に認定される。
  12. 2007年10月  「行政通訳相談事業」を開始する。
  13. 2009年 9月  設立20周年を機に、会館愛称「kokoka(ココカ)」を市民公募で採用する。
  14.                   「20歳の誓い・10年プラン」を発表する。
  15. 2010年 5月  kokoka京都市国際交流会館の来館者数が500万人を超える。
  16. 2012年 4月   公益法人制度改革に伴い、「公益財団法人京都市国際交流協会」へと移行する。
  17. 2014年 2月  「kokoka」の名称を商標登録する。
  18. 2014年 9月  設立25周年を機に、記念シンポジウムを行う。
  19.           kokokaボランティア登録者数が、延べ1万人となる。
  20. 2015年12月  姉妹都市コーナー・展示室の修繕を実施するために、「クラウドファンディング」による資金調達に挑戦。
  21.           目標金額を大幅に上回る額の調達に成功。
  22. 2016年 3月  姉妹都市コーナー・展示室の修繕を実施。同年6月に、クラウドファンディング成功を祝した合同企画展を実施。
高貴とあでやかさを象徴する「紫色」・・・。
京都のシティーカラーでもあるそんな「紫」を使用し、京都から交流の輪が拡がって行く願いを込めて、
「international」の「i 」が集まり、「京」の文字となるマークをシンボルとしています。
kokoka
「kokoka(ココカ)」とは、「京都市国際(KOkusai)交流(KOryu)会館(KAikan)」の頭文字で
20周年で実施した市民公募で名づけられた愛称です。
また、25周年を機に「kokoka」の呼称、ロゴ、キャラクターの3種類を商標登録しました。


▲ページの先頭へ