銀行・郵便局

口座の開設

口座を開く

銀行や郵便局の窓口で手続きをします。はじめは1円以上のお金を預けます。普通預金の口座を開くとキャッシュカードをつくることができます。

<口座開設に必要なもの>

  • ①在留カード
  • ②健康保険証
  • ③学生証(学生のみ)
  • ④印かん(銀行によっては、サインでも可)
  • ⑤預ける現金(1円以上)


◆キャッシュカードの利用(ATM)

お金を預けたり、引き出したりすることが簡単にできます。
利用には暗証番号(4桁の数字)が必要なので、必ずおぼえておきましょう。コンビニエンスストアにもATMが置いてあります。

<ATMの利用時間>
*銀行
平日 9:00~21:00くらいまで
土日 9:00~18:00くらいまで
*郵便局
平日 9:00~19:00くらいまで
土日 9:00~17:00くらいまで
※銀行、郵便局によって違うので確かめておきましょう。



公共料金などを自動振込みで払う

電気・ガス・電話などの公共料金、NHKの受信料などは、口座から自動的に払うことができます。印かん、契約番号(電気・ガスなどのお客様番号)が必要です。
公共料金、電話料金、NHK受信料などはコンビニエンスストアでも払えます。近くのお店で聞いてください。

外国への送金

銀行の場合

必要なもの:相手の口座の銀行名、支店名、口座の種類、口座の番号、住所、氏名、電話番号
*送金を受けるときは、逆にこれらを相手に知らせます。



郵便局の場合

<国際郵便為替(こくさいゆうびん かわせ)>
①相手の住所へ送るとき
為替証書(かわせ しょうしょ)を航空便で送ります。相手はその証書と引き換えに、その国の郵便局窓口でお金を受け取ります。
②相手の口座へ送るとき
相手の郵便振替口座に払い込みます。相手の住所へ送る場合より料金が安くなります。


<国際郵便振替(こくさいゆうびん ふりかえ)>
お金を送る人、受け取る人の両方が、郵便振替口座を持っている場合だけ利用できます。
※送金できない国もあります。また、国によって送達日数も違うので注意しましょう。
京都中央郵便局 貯金課 Tel:075-365-2511

両替

外国のお金に換えるとき(外国為替)

“大蔵省認可両替商”または“財務省認可両替商”の表示がある銀行でできます。T/Cの場合も同じです。金券ショップでも両替できる店があります。
最近は、観光スポットや駅などで外貨両替の自動販売機が設置されている場合もあります。

       
TiS京都店075-352-5341 JR京都駅中央口改札前
三井住友銀行 四条外貨両替コーナー 075-223-2866 四条河原町マルイビル1F
ワールドカレンシーショップ 075-365-7750 JR京都駅ビル8F
大丸京都 海外お客様カウンター内両替コーナー 075-211-8111 大丸京都店7F
外貨両替専門店トラベレックスジャパン 京都四条店 075-257-5671 ニッセイ四条柳番場ビル日本旅行内
チケットショップトーカイ 三条河原町店 075-221-1881 三条河原町北東角 キャピタルビル1F

外国のクレジットカードでお金が引き出せるところ

あなたが持っているクレジットカードにVISA、Plus、MasterCard、Cirrus のいずれかのマークが付いていれば、次の場所などでお金を引き出すことができます。


京都タカシマヤ 7F
京都タワー B1F
京都ファミリー 1F

*各郵便局や、コンビニ(セブン・イレブン<セブン銀行>)のATMでも、クレジットカードでお金を引き出せます。

郵便

郵便局

なまえ 郵便
24時間受付
TEL
京都中央(きょうとちゅうおう)郵便局
075-365-2473
京都北(きょうときた)郵便局
×
075-493-0383
西陣(にしじん)郵便局
×
075-432-5703
左京(さきょう)郵便局
×
075-712-5866
中京(なかぎょう)郵便局
×
075-255-1114
東山(ひがしやま)郵便局
×
075-561-6802
京都西(きょうとにし)郵便局
×
075-882-6052
右京(うきょう)郵便局
×
0570-033-940
伏見東(ふしみひがし)郵便局
×
075-572-8001
伏見(ふしみ)郵便局
×
075-643-6213
山科(やましな)郵便局
×
0570-034-320
洛西(らくさい)郵便局
×
075-331-7736


郵便局の窓口が開いている曜日と時間

※郵便局によって、時間が多少異なる場合があるので、確かめておきましょう。

ふつうの(小さな)郵便局月~金曜日 9:00~17:00
大きな郵便局月~金曜日 9:00~19:00
土曜日 9:00~17:00
日曜日 9:00~12:30

土・日・祝日、夜遅くに郵便を出したいときは

24時間、郵便を受け付けている郵便局もあります。
郵便局(郵便局・ATMをさがす)



郵便でお金を送るには

<現金書留(げんきん かきとめ)>
専用の封筒(有料)で送ります。お金や手紙をいっしょに入れることができます。
50万円まで送ることができます。手数料が必要です。窓口で手続きします。

※「郵便為替(ゆうびんかわせ)」にして封書で送る方法もあります。



そのほかのサービス~郵便のことでこんなときは?

引っ越したとき 郵便局に転居届けを出すと、1年間、今までの住所から新しい住所に郵便を送ってくれます。(無料)
留守にしたとき 書留や小包などが届いたとき、あなたが家にいなければ「郵便物を預かっています」というお知らせがあります。
1週間以内に身分を証明するものを持って、郵便局に取りに行きましょう。再配達をお願いすることもできます。
長い間、
家にいないとき
旅行などで長い間家にいないときは、前もって郵便局に届け出ましょう。
郵便物を預かってくれて、後でまとめて届けてくれます。(30日間まで)
はがきを書きまちがえたら 書きまちがえたり、誤って印刷したりした官製はがきは、お金(5円)を払えば、新しいはがきに交換してもらえます。


国際レタックス(国際電子郵便)

日本の郵便局から送り先の配達局までファックスで文書を送り、これを相手に届けるものです。同日または翌日に届きます。最大でA4サイズまでの文書を送ることができます。     
*国際郵便に関する問い合わせは
京都中央郵便局 Tel:075-365-2471


◎郵便局のサービスについて留学生べんりページを参照にしてください。
郵便局で行うことができる様々な手続きについて、日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語で説明しています。指差し会話集もあります。とてもべんりです。

荷物を送る

ものを人に届けたい場合に、郵便のほかに、宅配便(宅急便)の会社があります。大きなものなら、家まで取りに来てくれます。
郵便より安くて早く届く場合があるので便利です。申し込みは、コンビニエンスストアでもできます。