医療

病院へ行くとき

病院・診療所

*診療時間はいろいろですが、ふつう平日の午前中が多く、日曜・祝日は休みです。
*緊急の時は救急車(Tel:119)を呼びます。
*薬をもらうときは、医師から十分に説明してもらいましょう。



病院・医院で注意すること

  • (1)ことばに不安のある時は、通訳制度を利用したり、通訳できる人を同行したりしましょう。
  • (2)わからないことは、すぐに聞きましょう。
  • (3)診察結果や薬などについては、わかりやすい言葉で、理解できるまで、医師に説明を求めましょう。
  • (4)予約時間や、面会時間は守ってください。
  • (5)病院・医院内では、携帯電話等の電子機器は使用しないでください。
  • (6)入院費用など、困ったことがあるとき、または利用できる制度がわからないときは、病院に相談してください。また、ソーシャルワーカーがいる病院では、ソーシャルワーカーに相談してください。
  • (7)日本の制度は、自分から請求しないと受給できないことが多いので、制度や仕組みについて、自分で知ることが大切です。
    わからない時は、ソーシャルワーカーなどに相談してください。相談は無料で、秘密は守られるため、安心して医療を受けるには、相談機関やソーシャルワーカーを気軽に利用することが大切です。


診療科の種類(こんな病気のときはどこに行く?)

内科(ないか)内臓の病気
精神科(せいしんか)こころの病気
神経内科(しんけいないか)脳と筋肉の病気
小児科(しょうにか)子どもの病気
外科(げか)内臓のはれもの・ケガ
整形外科(せいけいげか)骨、かんせつの病気・ケガ
形成外科(けいせいげか)ケガのあとをきれいにしたいとき
脳神経外科(のうしんけいげか)頭のケガ・脳の病気
皮膚科(ひふか)皮膚の病気・ケガ
泌尿器科(ひにょうきか)腎臓・膀胱・性器の病気
産婦人科(さんふじんか)妊娠・出産・女性の病気
眼科(がんか)目の病気・ケガ
耳鼻咽喉科(じびいんこう)耳・鼻・のどの病気・ケガ
リハビリテーション科歩く練習などをしたいとき
放射線科(ほうしゃせんか)レントゲン撮影
麻酔科(ますいか)痛みをやわらげたいとき
歯科(しか)歯、歯肉の病気

医療保険の制度

医療費

医療保険に加入しないで医療機関にかかる場合、医療費は全て自己負担となり、かなり高額になります。難病、高齢者、乳幼児、ひとり親家庭などの医療費については、医療費の援助があります。

    

日本の公的医療保険

日本では、国民皆保険制度のもと、公的医療保険への加入が義務づけられています。公的医療保険には、勤務先で加入する健康保険と、住んでいる市区町村の役所で加入する国民健康保険の2種類があります。民間の保険に入っていても、公的医療保険に入らない理由にはなりません。     
公的医療保険に加入すると、保険料を支払う必要がありますが、病気やケガのとき、一般に、医療費の30%を支払うだけですみます。また、出産したときや、高額の医療費を支払ったときは給付が受けられます。

    
    

保険料が安くなる便利な制度

◆留学生のための制度<留学生国民健康保険補助>
京都市国際交流協会では、京都市内に住み、京都市内の大学・短期大学に通っている私費留学生のために、国民健康保険料の一部を補助しています。
1ヵ月に700円が補助されます。ただし、国民健康保険料を納めていることが条件です。
※詳しくは⇒京都留学生情報サイト

    

◆保険料の減免制度     
災害、失業、倒産などで保険料を納めることが困難な場合は、減免できる場合があります。(申請が必要です)     
★住んでいるところの区役所・支所の保険年金課は⇒こちら

    

その他の制度

◆無料低額診療事業
所得が少ないなど経済的な理由で、医療費の支払いが困難な人が、無料または低額な料金で治療を受けられる制度です。制度を利用するには、この事業を行っている病院・診療所を受診し、世帯の所得状況を証明できる書類を提出する必要があります。
問い合わせ:生活福祉課 Tel 075-251-1175

健康診査等・予防接種

健康診査等

重い病気にならないように、自分の健康をチェックしておきましょう。費用は一部無料です。

特定健康診査40~74歳の方が対象
京都市健康診査40歳以上の生活保護を受けている方が対象
後期高齢者健康診査後期高齢者医療の被保険者が対象
青年期健康診査18~70歳の方が対象
青年期健康診査京都市に住民票がある、学校や会社等で健診を受ける機会のない18~39歳の方が対象
結核検診15歳以上の方が対象
肺がん検診40歳以上の方が対象
胃がん検診50歳以上の方が対象
大腸がん検診40歳以上の方が対象
乳がん検診30歳以上の女性が対象
子宮頸がん検診20歳以上の女性が対象
前立腺がん検診50歳以上の男性が対象
胃がんリスク層別化検診40,45,50,55,60,65歳の方が対象
歯周疾患予防健診満40,45,50,55,60,65,70歳の方が対象
昼間HIV平日検査
・性感染症検査
HIV,性感染症に感染不安を持つ方
夜間HIV即日検査
・性感染症検査
HIV,性感染症に感染不安を持つ方
休日HIV即日検査
・性感染症検査
HIV,性感染症に感染不安を持つ方
肝炎ウィルス(B型・C型)検査肝炎ウィルスに感染不安を持つ方

★住んでいるところの区役所・支所の保健福祉センターや医療衛生コーナーは⇒こちら
※ただし、特定健康診査は加入している健康保険へお問合せください。



予防接種

◆定期の予防接種(予防接種法に位置づけられた予防接種)
予防接種とは、病気の原因となる最近やウィルスが身体に入ってきたときに、病気になるのを防ぐ力免疫(めんえき)をつけておくものです。
定期の予防接種は努力義務ですが、子どもの健康のためにできるだけ受けましょう。1年のうちいつでも受けられます。


種類 接種回数 対象年齢
( )内は標準的な接種期間
実施場所
結核(BCG) 1回 生後1歳未満
(生後5ヵ月から8ヵ月まで)
各区役所・支所・保健福祉センター、
京北出張所および京都市BCG予防接種協力医療機関
ヒブ(Hib)感染症 *接種開始が生後2ヵ月~7ヵ月未満:初回3回、追加1回
*接種開始が生後7ヵ月~12ヵ月未満:初回2回、追加1回
*接種開始が生後12ヵ月~60ヵ月未満:1回
生後2ヵ月~60ヵ月未満
(生後2ヵ月から7ヵ月までに接種開始)
京都市予防接種協力医療機関
小児肺炎球菌感染症 *接種開始が生後2ヵ月~7ヵ月未満:初回3回、追加1回
*接種開始が生後7ヵ月~12ヵ月未満:初回2回、追加1回
*接種開始が生後12ヵ月~24ヵ月未満:2回
*接種開始が生後24ヵ月~60ヵ月未満:1回
生後2ヵ月~60ヵ月未満
(生後2ヵ月から7ヵ月までに接種開始)
B型肝炎 3回 生後1歳未満
(生後2ヵ月から9ヵ月まで)
四種混合
※1
第1期初回接種:3回
第1期追加接種:1回
生後3ヵ月~90ヵ月未満
(生後3ヵ月から12ヵ月までに初回接種)
ジフテリア・破傷風(DT) 第2期:1回 11歳以上13歳未満
(11歳時)
麻しん(はしか)・風しん(MR) 第1期:1回 生後12ヵ月~24ヵ月未満
第2期:1回 小学校就学前の1年間
水痘 2回 生後12ヵ月~36ヵ月未満
(生後12ヵ月から15ヵ月までに接種開始)
日本脳炎
※2
第1期初回接種:2回
第1期追加接種:1回
生後6ヵ月から90ヵ月未満
(3歳時に初回接種、4歳時に追加接種)
第2期:1回 9歳以上13歳未満
(9歳時)
子宮頸がん 3回
(当面の間おすすめしていません)
小学校6年生から高校1年生相当の女子
(中学校1年生時)

※1 四種混合…ジフテリア、百日せき、破傷風、急性灰白髄炎(ポリオ)

※2 日本脳炎については特例措置があり、対象者は以下のとおりです。
①1997年4月2日~2007年4月1日生まれで20歳未満の人は、第1期・第2期の接種不足回数分の接種を受けることができます。
②2007年4月2日~2009年10月生まれの人は、第1期の接種不足回数分の接種を受けることができます(ただし、9歳以上13歳未満の者に限る)。