ボランティア活動

京都市国際交流協会では、ボランティア活動に主体的・自主的に関わることが京都の国際化や共生社会について考えるきっかけとなると思っています。誰もが住みやすい地域社会の構築を目的として、 ボランティア活動の機会提供や人材の育成に対するサポートを行います。

対象

  • ・18歳以上の方。(高校生不可)
  • ・在住外国人を対象とした支援・交流活動に深い関心を持ち当協会のボランティア活動に主体的に参加する意欲のある方。
  • ・登録期間中当協会との連絡が円滑に取れ他のボランティアと協力して活動に関わることのできる方。

応募方法

ボランティア募集オリエンテーション(年3~4回)に参加後、専用サイトから登録してください。(一部見学必須の活動あり)

活動期間

4月から翌年3月までの1年間とし更新を希望される方については年度ごとの更新となります。

保険について

安心して活動に参加していただけるよう当協会では京都市社会福祉協議会が運営するボランティア保険に加入します。

各ボランティア活動について

※日ごろの活動の様子はボランティアブログから確認できます。

1.ホームステイ受入

外国からのゲストを一定期間家庭に受入れ家族の一員として共に生活する中で相互理解と友好を深めることを目的としています。
期間は原則として1週間以内程度の滞在とします。

2.ホームビジット受入

京都を訪れる外国人旅行者を対象とした家庭訪問プログラムで家庭でできる日本京都紹介を通じて相互理解と友好を深めることを目的としています。
訪問時間は原則的に午後または夕食後の2時間程度とします。宿泊はしません。

3.留学生交流ファミリー

京都に住む留学生を家族の一員として迎え京都の祭や季節の行事を紹介し一緒に楽しむとともに日本で生活する上での相談相手として精神的な支えとなるなど普段の生活の中で相互の理解と交流を深めることを目的としています。(ホームステイ活動ではありません)

4.LIFE IN KYOTO

在住外国人向け情報誌の取材・編集・翻訳をします。在住外国人を主な読者と想定し、京都の生活や文化情報、京都(日本)の観光・歳時記などをお届けします。

5.市民生活アドバイザー

kokoka京都市国際交流会館内の情報サービスコーナーにおける市民からの様々な生活相談に対し同じ京都で生活する住民としてアドバイスを行います。

6.京都案内倶楽部

京都を外国人に紹介するための1日ツアー(年10回程度)の企画・運営勉強会当日の引率への参加。
1日ツアーは、観光地だけではない京都の魅力を紹介することを目的としています。

7.多言語バンク

英語以外の言語で通訳翻訳ができる方を募集しています。

8.災害時通訳・翻訳

京都府下及び近隣他府県で地震などの大規模な災害が起こったときに日本語の理解が十分でなく必要不可欠な情報を得ることが困難な外国人への支援活動を行います。

9.市立小中学校日本語ボランティア

週に1回~2回程度(1回1時間程度。スケジュールは教育委員会からの要請とボランティアの希望で決めます)市立小中学校に出向き放課後の時間を利用して日本語学習を必要とする児童・生徒への日本語指導を行います。

10.ホッとチャット

子育て中の保護者の集いの場の運営。日本の子育て、外国の子育て等について参加者が語り合い、交流することを目的に行う子育て支援活動です。

11.kokoka Kids Club (koko Kids)

外国にルーツをもつこども(6歳~15歳帰国子女含む)への学習サポート及び保護者向け子育てのための日本語コミュニケーションの場を提供します。

12.イベント企画運営

当協会が実施するイベントにスタッフとして参加したり、また在住外国人を含む市民を対象にした国際交流イベントを企画運営、広報活動などを行います。

13.日本語チューター

kokoka日本語クラスにおける日本語を母語としない人達に対する学習支援活動をします。
「日本語学習だけ」ではなく生活の場で使う日本語の習得ができる場を提供します。

※チューターとしての活動期間は最長5年です。