• HOME
  • 事業のご案内 - 相談・通訳 - カウンセリング・デイ

事業のご案内

相談・通訳

カウンセリング・デイ

相談例・よくあるご質問







交通事故に遭って現在通院中。保険会社から治療費がかかるので休業損害や慰謝料を減額するといわれている。
120万円までは自賠責で治療費が出せるので、それ以上の金額になると保険会社はできるだけ金額を抑えようとしますが、保険会社が保険料を勝手に減額することはできません。治療中の場合は、とにかくきちんと病院に行って最終的に「医師がもういい」というまで治療を受けること。慰謝料も最終的に通院日数で計算されます。


交通事故に遭い、現在通院中。保険会社から支払い打ち切りの通告をされた。
もう一度病院で受診して医師の診断を求め、その所見がさらに治療が必要ということなら、引き続き保険会社に治療を続けることを申し出れば打ち切られることはないでしょう。


日本人の夫に一方的に離婚を要求されている。生活費も入れてくれず、どうしたらよいか。
一方的な離婚要求は認められません。生活費の問題もあるので、家庭裁判所で調停を申請してはどうでしょうか。なお、離婚裁判の管轄は、婚姻届を提出したところの家庭裁判所となっています。費用がなければ弁護士会を通して扶助協会の扶助を利用することを考えてはどうでしょうか。



日本人の夫と離婚したい。理由はDV。離婚は相手も同意しているが、子どもの養育費等で話がまとまらない。
離婚の手続は上記参照。双方が納得のいく結果が出ない場合は、家庭裁判所で調停を申し立てることができます。




現在就学ビザを持っており大学院受験・入学を希望しているが、入試までにビザが切れてしまう。ビザが切れてから受験までの間のビザはどうすればいいか。
就学具合や日本の滞在状況にもよります。特に問題がなければ、短期でつないでもらうように、入管に申請してみましょう。その場合、願書や申込領収書などを持っていき、入学準備を行っていることをきちんと証明することが必要です。必ず短期でつなげるとは限りませんが、可能性はあるでしょう。
なお、研究生などとして留学ビザを所持している場合、留学ビザは最短でも1年単位での延長となるので、現在の留学ビザは延長できません。90日の短期ビザを取得し、受験の事情を入管に説明すれば延長も可能です。その際学校からの証明書を取得してください。ただし、短期滞在ビザではアルバイトはできないので、その点に注意してください。



現在留学生として大学・大学院に所属している。日本で就職する場合、ビザはどうなるか。
大学・大学院での専攻科目が就職先の仕事内容とに関連性がない場合、就業ビザはおりません。もし一致していない場合は、翻訳・通訳の仕事として、在留資格を人文・国際業務として申請する必要があります。しかし、会社に通訳・翻訳の必要性に関する実績がない場合はやはり難しいかもしれません。



現在、英会話学校で講師をしており、人文・国際業務ビザを持っている。
①仕事をやめた場合、ビザはどうなるか?
②パートタイムの仕事をすることで、他に不都合が生じるか?
③10年以上の滞在(日本人の配偶者の場合は短くなることもある)バーなどで働くことはできるか?
転職の場合は、就労資格証明を申請すること。2004年12月から、在留資格の取り消しが可能となったので、仕事につかない期間が長期にわたると、ビザの取り消しの可能性もあり、注意が必要です。 バーで働くことは単純労働になるので資格外活動となり、できません。原則として、「留学」「就学」「家族滞在」以外は、いわゆる「単純労働」は認められていません。



現在留学生ビザを持っている。夫や他の家族を日本に呼び寄せたいがどうすればいいか。
家族関係・出生の公証書(身分関係を証明するもの)、奨学金を給付されている証明書
(家族を扶養するだけの財力があるという証明のため)を取得し、入国管理局で認定証明書の交付申請をします。ただし、家族滞在ビザでは原則的に就労は認められないことに注意してください。



永住権取得について。
永住権の申請には、原則、「10年以上の滞在(日本人の配偶者の場合は短くなることもある)」「5年以上の就労」「所有するビザが、その資格の最長期間のものである」という3つの 条件が必要になります。 入国管理局で、申請書と必要書類のリストをもらって準備してください。



国民年金、厚生年金を含め17年程度加入期間があり、そのうち厚生年金に5年ほど加入している場合、受給はどうなるか?
一般的に国民年金のみでは25年の加入期間が必要となりますが、厚生年金の場合は特例により短くなる場合もあるので、詳しくはご相談ください。



現在、日本人の妻の扶養家族になっているが、起業した場合、社会保険や年金はどう変わるか?
一般的に、起業し一定の所得を得ると、自分自身で独立して社会保険料を負担しなければならなくなります。



観光ビザで現在滞在しているが、国民健康保険に加入できるか。
一年以上の在留が見込まれる方が、国民健康保険・国民年金の加入の対象となっています。



大手英会話学校の講師として週5日、一日7.5時間働いているが、社会保険に未加入である。社会保険に入れるか?
加入要件に該当すると思われます。会社・もしくは労働組合に相談してみてはいかがでしょうか。



日中租税条約の適用について。
中国人留学生の場合、賃金(給与)がそのものの生活費に当てられる場合のみ、所得税の免税を受けられる可能性があります(日本語学校の就学生は適用外)。一度ご相談ください。



給料が不払いです。
最終的に支払われない場合は労働基準監督所に申し立てることができます。会社の最寄りの労働基準監督書・労働局内にある外国人労働者相談コーナーで相談してみてはいかがでしょう。



契約社員として働いているが、契約更新を行わないといわれた。有期労働契約の雇止めについてと、会社を辞めたあとの失業保障・健康保険の適用等を知りたい。
個々の契約にもよりますが、一般的には、解雇の理由の説明や、一定の期間までに解雇の予告が必要となります。また、雇用保険の手続や国民健康保険の手続にも関係していますので、一度ご相談下さい。





言葉が通じない・周囲に相談できる友達が少ない―そんな理由で誰かに悩みを相談できないまま、一人でつらい気持ちを抱え込んでしまってはいませんか?
一人で悩んでもっと心が疲れてしまう前に、一度カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。
カウンセリングには、精神科のお医者さんもしくはカウンセラーが当たります。プライバシーは必ず守られますので、お気軽にお越しください。


Designed by Kyoko Kawazoe (Internshipa student)